いらない車 処分

こうすれば大切な車を高く売れます。

お金

 

車を売る時に高く買ってもらうコツをまとめてみます。

 

次に新しく車を購入する場合、ディーラーでの下取りと中古車買取業者で車を売るというふたつの方法があります。

 

下取りとは新しく購入するお店に車を引き取ってもらうこと。メリットはとにかく手間がかからないことです。デメリットは金額が安くなってしまうということ。手間をかけたくない、時間がないなどの理由がない限り下取りはおすすめできません。

 

「手間がかかってもいい、できるだけ高く車売りたい!」という人は車の買取専門店にお願いしましょう。

 

こちらはとにかく高く売ることができるのがメリットです。下取りと比べると何10万も差がつくことはザラです。

 

しかし高く売るためには業者との交渉が必要になってきます。

 

数社から査定をしてもらい一番高い見積もりを出してくれたところに売るのがベストです。

 

この時、一括査定サイトを利用すると便利です。

 

ひとつのお店に頼むのではなく複数のお店に同時に査定を頼むことができます。

 

登録すると同時に複数の業者からすごい勢いで電話がかかってきますので覚悟はしておきましょう。

 

買取金額を少しでも高くするためには手間を惜しまないという方は、査定前に車の掃除をしておきましょう。

 

さらにタバコやペットの匂いなども消臭剤で対応しておくと安心です。

 

普段から車をキレイに使っていることをアピールできますのでやって損はありません。

 

傷を直したり、車検を通したりするといかにも査定額が上がりそうですが、かかった費用を上回る査定額が出ることはほぼないので必要ありません。

 

ディーラーや販売店などでは廃車にするしかないと言われた車でも諦める必要はありません。

 

日本では走行距離10万キロが車の乗り換え時期だと言われていますが、海外では20万キロでもガンガン乗っていたりします。加えて日本車は人気がありますので値を付けてくれる業者は確実にあります。手間を惜しまないことがなにより大切です。